a-blog cms Training Camp 2017 Autumnイベントレポート


デザイナーの高良です。毎年春&秋に開催されているa-blog cms Training Campに、今回はディレクター&デザイナーの女子チームで参加してきました!
合宿に参加される方達は少数精鋭で運営されている技術力の高いWeb制作会社の方が多いので、少人数でも効率よく&効果の出るWeb制作を実現するためのノウハウなども聞けて、私にとっては毎回収穫のある楽しみな合宿です。

a-blog cms Ver2.8注目ポイント

今回も新バージョンに関する発表がありましたが、個人的には「待ってました!」と言いたい内容が続々。 昨今のWebサイトでは、モバイルで回線がよくない環境でも快適にWebサイトを利用してもらうために「表示速度」が重視される傾向にあるので、Webサイトの表示速度をアップさせるための新機能はとっても嬉しいポイントでした!

表示速度がアップ!

  • 実行速度が高速なPHP7.1サポート
  • 画像のロスレス圧縮対応
  • ページの静的書き出しに対応

アップデートが簡単に!

  • パッチ&マイナーバージョンのオンラインアップデートに対応

入力がより分かりやすく!

  • テキストユニットでの入力時に見た目を確認しながら装飾が行えるように

外部サービスとの連携強化!

  • Googleスプレッドシート
  • Zoho
  • Slack

…などなど外部サービスとの連携が簡単に設定できる機能が搭載されるそうです。
お問い合わせフォームから送信された内容をCRMなどに送信し、顧客データとして活かすことなどができますね!

ランディングページ制作用テーマを搭載!

誰でも簡単にランディングページを作成できるテーマが搭載されるとのことでした!

今回参加して思ったこと

ランディングページテーマ作成のセッションや、集客ツールとしてWebサイトを活用するセッションを聞いて、Webサイトに求められていること、Webサイトの役割はどんどん進化し変わっていっていると実感します。 2日目のセッションで、「Webは新サービスのチャレンジツール」という言葉が印象に残りました。

最初に完璧で美しいページを作ることはあまり重要でなく、誰でも素早くコンテンツを作れることが重要になってきている。 つまり、打ち出したい新サービスや商品があるなら、数時間でコンテンツを作り、Web上でユーザの反応を見てみて、反応が悪いなら打ち出し方の切り口を改善したり、時には商品・サービス自体も変えてみる。

また、今まで発信してきた情報は、集客のための大切な資産にもなります。

誰でもすぐに情報を発信できること、すぐに改善・修正できること、そんなWebメディアの良さを生かして、トライ&エラーを繰り返しながら集客や接客をよりよくしていく、その役割が今のWebサイトに求められているんだなと感じた合宿でした。

そのうえで、美しく、効果的に。商品やサービスの良さが光るようなデザインをご提供できるよう、デザイナーとして頑張りたいと思います!

デザイナーとしては最近気になっていたAdobe XDを他の制作会社の皆さんがどう活用されているかを聞けて楽しかったです♪Web制作のワークフローの効率化にも役立ちそうなので、私も本格的に取り入れてみようかなと考えています。

最後に…ディレクターミーティングがステキ!

今までこの合宿は開発者向けなのかなあと思っていてディレクターを連れて行くのをためらっていたのですが、今回ディレクターミーティングではがっつりWebコミュニケーション支援などについて話し合えて、これからの案件受注に活かせそう!とディレクターも収穫が多かったようです。

アップルップルさん今回も本当にありがとうございました。

余談


行く度に紹介して頂いてトライしている名古屋めし、(今回はこの合宿のためにa-blog cmsで制作された名古屋めしスタンプラリーも!)、今回はあんかけスパに挑戦しました!味付けにはなんとなく中華なテイストも感じる、不思議だけど癖になりそうな美味しさ…! また名古屋に行くことがあったら食べに行きたいと思います!


投稿者名 須川 投稿日時 2017年11月21日 | Permalink