Webソリューション

Webソリューション

NetCommons Webサイト構築サービス

NetCommons Webサイト構築サービス

当社(NPO法人コモンズネット 法人会員)は、国立情報学研究所が開発しているオープンソースの情報共有基盤システム NetCommonsの導入を支援しています。
コンサルティング/インストール/カスタマイズモジュール開発/運用保守、教育

NetCommonsは、2001年から国立情報学研究所で開発が始まり、2005年以降、 オープンソースとして提供されています。主に公共機関をターゲットに開発されたものですが、その機能の豊富さと統合性、拡張性が高く評価され、ビジネスシーンにおいても注目されつつあるシステムです。第3回国際ソフトウェア競技会(3rd International Software Competition)で最優秀賞を受賞しています。
オープンソースですので、このNetCommonsをベースにサイトを構築すると、これまでサイト構築にかかっていた費用と期間を大幅に削減することができます。

http://www.netcommons.org/

こんなご要望に適しています


  • 安価にCMSを導入したい。
  • 公共機関や学校をターゲットしたCMSを選びたい。
  • 日本でサポートを受けられるCMSを選びたい。
  • アンケート、掲示板、キャビネットを使いたい。
  • 会員制のコンテンツを提供したい。
  • 会員同士がコミュニケーションする場を作りたい。

営業スタッフからのここがおすすめ!

NetCommonsはCMS(Contents Management System)とLMS(Learning Management System)、グループウェアを統合したシステムで、組織内での情報共有と外部への情報発信を統合的に行うことができる「情報共有基盤システム」です。


NetCommonsの主な特徴としては、以下の6点が挙げられます。


■1.ルームという概念
ウェブサイトの中を「ルーム」というスペースに区切ることができます。ルームには、以下の3種類があります。
パブリックスペース:情報を公開する
グループスペース:情報を共有する
プライベートスペース:情報を格納する(個人のデスクトップ)
これらのルームは、管理画面から簡単に作成することができます。

■2.モジュールの追加による機能アップ
サイト上に展開できる機能は、モジュールという単位にパッケージ化されています。
特定のルームやページに、ある機能を追加したければ、メニューからそのモジュールを選択するだけで、実装が可能です。モジュールには、以下のようなものがあります。
・お知らせ・日誌・掲示板
・カレンダー・TO DO
・キャビネット・アンケート
・汎用データベース
これらのモジュールは、管理画面から簡単に利用できます。


■3.設定簡単な権限設定
各ユーザがウェブサイトの「どの場所にあるどの機能について」「どのような権限(管理・編集・閲覧)なのか」を細かく設定することができます。
ユーザの優先順位を設定することができ、情報共有のプラットフォームとして非常に優れた権限設定が可能になっています。

■4.直感的な操作が可能
ウェブサイトの管理は、すべて管理画面から行うことができます。直感的に操作できる設計なので、技術的なことは苦手という方でも、容易に管理できます。

■5.PC/スマートメディア/携帯に対応
スマートフォンや携帯でも利用することができます。
もちろん、PCとシームレスに使用することが可能です。

■6.柔軟性・拡張性
モジュールの組合せ次第で様々なシステムに変貌します。
また、機能の追加やカスタマイズも柔軟に行うことができます。


以上のことから、NetCommonsの特徴を一言でいうならば、手軽に高機能なウェブサイトを比較的安価に短期間で構築できる、非常に優れたシステムである、ということです。

当社は、導入のコンサルティングから構築、保守運用、サポートまで一貫してお引き受けします。


制作スタッフからのここがおすすめ!

NetCommondsでは、Shibboleth技術を使って、NetCommonsのシングルサインオン(SSO)を実現することができます。
大学などの学術機関では複数のシステムが利用されているため、シングルサインオン(SSO)によるNetCommonsへのログインは、多くいただく要望となっています。


Shibboleth(シボレス)とは


シングルサインオン(SSO)の一種で、オープンソースとして提供されています。
標準仕様(SAML等)を利用した、属性情報の交換を行う標準仕様とミドルウェアとなります。
大学などの学術機関を結ぶ学術認証フェデレーションでよく使われている技術です。


Shibboleth×NetCommondsの特長


Shibboleth×NetCommondsはShibboleth技術を使って、NetCommonsのシングルサインオン(SSO)を実現する機能です。

NetCommonsは、数多くの教育機関、研究所で導入されており、当社でも数多くの実績があります。

独自のノウハウを生かして、Shibboleth×NetCommondsを実現します。


NetCommons Shibboleth機能


■1.ユーザ自動生成
Idp側が提供している情報を使って、NetCommonsユーザを自動生成する機能です。
ログインID、ハンドル名、ユーザ氏名、eメールはIdp側提供された情報に合わせて指定することが可能です。

■2.ユーザ権限の自動設定
Idp側が提供された情報により、自動的にユーザにNetCommons側の権限を付与する機能です。

■3.ユーザ手動作成
Shibbolethログインができるユーザのみ、NetCommons側でユーザの新規作成が可能となる機能です。

■4.既存ユーザとの紐付け
Idp側にログインができるユーザがNetCommons側にある既存ユーザとの紐付けを可能にする機能です。


リポジトリの概要と特徴


リポジトリとは、データや情報、プログラムなどが体系立てて保管されている場所のことを指します。
アプリケーションやシステムの設定情報がまとめて記録されているファイルやフォルダのことや、学術情報などをまとめて保管してくれるシステムなどを指し、DSpaceやEPrints、WEKO(ウェコ)などがあります。

実現のためのベース

NetCommons上で動作するリポジトリモジュール「WEKO(ウェコ)」を使って、独自のデータベースを構築します。
構築されたデータを外部モジュールにより、高度な制御を行い様々な機能を実現します。

柔軟にデータベース構築ができ、全文検索用データを用いて、バイナリーデータの検索が可能となります。

・外部モジュールを使用して、WEKOのデータのみを制御します。
・デフォルトの機能で十分に対応可能です。
・インタフェースも考慮でき拡張機能も可能で、メタデータも反映されます。
・バージョンアップ及びセキュリティホール対応が簡単です。

活用例

■1.リポジトリにあるデータの高度な検索
リポジトリのデータに対して、Google検索のような検索機能
WEKOによりデータベースを構築し、外部拡張ツールにより高度な検索機能を実装します。
独自の検索フォーム、表示画面を実現し、Google検索のようにデータを検索できるようにします。

■2.リポジトリデータと業務用ツールを提携した業績管理&評価システム
WEKOを使用して業績管理システムを構築します。
外部拡張機能によりリポジトリ内にあるデータに対する業績評価が可能になります。

■3.リポジトリの社内文書管理システム
WEKOを使用して文書管理データベースを構築します。
自動登録ツールにより社内LANにある社内文書から全文を抽出してリポジトリに登録します。
検索機能と合わせ、社内文書の全文検索、管理が可能となります。

キャッチボール・トゥエンティワンのサービス



サイトのご相談

ご要望やご事情に合ったCMSを選定し、サイトの構築、運用支援を行っています。
フロント構築のプロフェッショナルにお任せください。



集客のご相談

Webサイトを、御社のビジネスの目標を達成するためにご活用いただきたいと考えています。
ビジネスゴールを達成するWebサイトへ。



サーバのご相談

用途やアクセス状況に適したサーバ提供、保守メニューをご用意。
サーバ・ドメイン・SSLならお任せください。


お見積り・ご相談はお問い合わせフォームから