セミナー

NetCommons
アドバンス・セミナー

第9回 NetCommonsアドオンモジュールセミナーは、開催終了致しました。


NetCommonsの上級者、または開発者向けに、NetCommonsの高度な使い方とアドオンモジュールの可能性を知って頂くためのセミナーです。
最新モジュールのデモ、制作者によるサイト開発ノウハウの紹介、既存サイトの分析などを行います。
NetCommonsにご興味のある開発者の方、またはNetCommonsユーザの方々等々コモンズネット会員以外の方もご参加いただけます。


本セミナーの目的

コモンズネット会員各社の交流を深めて、お互いのリソース(モジュール類、開発ノウハウ)を共有し、会員全体のNetCommonsの開発スキルを高める。
NetCommonsをご提案する立場の担当者の方に、アドオンモジュールにより商用パッケージと同等のことが実現できることを知っていただく。
さらに広い分野でNetCommonsが使用できるよう、高度な使い方をユーザの方に知っていただく。

今後予定しているセミナーの内容

  • 各社のモジュール紹介
  • 制作事例紹介 、既存サイトの分析
  • 開発ノウハウの紹介
  • 事前アンケートで課題をいただき、NetCommonsでの実現方法を紹介する
日時2013/1/23
会場株式会社キャッチボール・トゥエンティワン (東京都千代田区九段南3-9-12 九段ニッカナビル7F)
主催株式会社オープンソース・ワークショップ・株式会社キャッチボール・トゥエンティワン
後援特定非営利活動法人 コモンズネット
定員15名
参加費無料

「あなたもNetCommons開発に参加できる!」

講師寺口 浩平様
所属NetCommons 開発チーム

NetCommonsアドオンモジュールセミナーは次のステップへ。
NetCommonsのアドオンモジュールや使い方などを紹介してきたNetCommonsアドオンモジュールセミナーですが、2013年1月のセミナーはアドオンモジュールの域を飛び出します。
ついに、NetCommonsのマスターソースがオープンなソース管理の場に登場します。
現在、考えているのは、GitHub でのソース共有。
これにより、様々な方がNetCommonsの開発に参加できるようになり、以下のメリットが得られます。

バグフィックスへの貢献で、自分の使いやすいソフトウェアに成長させる
活性化戦略の考え方と事例
新機能の提案で、NetCommons開発に対するブランド力を向上
オープンでオンラインな開発の場に参加することで、NetCommonsをさらに理解
現在、リポジトリ(GitHub)の準備、コミッター体制の準備、開発者用情報共有ツールの準備を行っています。

2013年1月はリポジトリとの接続方法を解説。
PC を持ち込んで頂ければ、その場で試すこともできます。

NetCommonsアドオンモジュールセミナーでは今後、NetCommons開発をサポートする内容も充実させていく予定です