サービス

キャッチボール・トゥエンティワンにできること。

会社紹介

キャッチボール・トゥエンティワンとは。

クラウド・サーバホスティング

クラウド・サーバホスティング

AWS(Amazon Web Service)のクラウドサービスを活用して、WEBシステムやCMS等に活用するためのサーバの新規構築から稼働後の監視・保守まで一貫してサポートいたします。

サーバの構築や監視・保守を考えるにあたって、どのようなポイントを考慮すればよいかといったこともお客様のニーズに合わせて検討し、最適なサービスを提案いたします。

導入事例

サーバの新規導入

1.サーバ構成の設計


お客様のご要望をお伺いし、AWSクラウドにおける仮想サーバ(EC2インスタンス)を含む
システムインフラの構成について設計を行います。


サーバ設計費用 40,000円~ (システムあたり)

※後述のパッケージプランをご利用の場合は、設計費用は発生いたしません


例えば、以下のような内容について、お客様のシステムに最適なサーバ構成を設計、ご提案させていただきます。


  • サーバの容量やサイズはどのくらいがよいか
  • 必要なミドルウェアの選定
  • ロードバランサーによる冗長構成や、CDN活用によるアクセス急増への対策
  • サーバ間のネットワーク構成設計やIPアドレスによるアクセス制限
  • メールフォームのメールが迷惑メールに振り分けられないようにする対策

2.サーバの構築

お客様に代わり、AWSクラウドでのサーバ取得、ソフトウェアのインストールといった、構築作業を実施いたします。
取得に必要となるAWSの費用も弊社が代行して、Amazonにお支払いいたします。

サーバ構築費用 30,000円~ (システムあたり)

※構築費用は仮想サーバの構成によって変わります。詳しくはお問合せください。

サーバの監視・保守サポート

1.サーバホスティング(基本料)

AWSで構築いただいた仮想サーバ、システムインフラの保守を行います。
保守作業として、以下の内容を対応いたします。

サーバホスティング(月額) 20,000円~ (サーバあたり)

※月額は仮想サーバの構成によって変わります。詳しくはお問合せください。

  • 仮想サーバ(EC2インスタンス)の計画停止・起動
  • サービスやプロセスの計画停止・起動
  • セキュリティグループの設定変更
  • AWSによるメンテナンスへの対応
  • AWSへの利用料金の支払い代行

2.サーバ監視

お客様のご利用されるシステムに応じて、複数のレベルのサーバの監視・保守のプランをご用意しております。

プラン 月額 内容
基本監視プラン 月額2,000円 サーバの標準監視項目についての行い、障害発生時には弊社の営業時間内での対応を実施いたします。
24時間自動復旧プラン 月額2,500円 基本プランに加え、障害発生時には、AWSの機能を用いた自動でのサービス再起動、サーバ再起動を行います。
※自動再起動で復旧しない場合は、営業時間内での調査対応となります
24時間有人対応プラン 月額3,000円 基本プランに加え、障害発生時には、オペレーターが事前に定義された手順に従って、サーバの復旧作業を行います。
※手順作業で復旧しない場合は、営業時間内での調査対応となります

※上記はサーバ1台あたりの料金となります。詳しくはお問合せください。

サーバの標準監視項目は以下の通りです。

監視種類 監視項目 備考
リソース監視 CPU使用率 監視閾値はシステムに応じて設定
ロードアベレージ
ディスク使用率
メモリ使用率
サービス監視 URL監視 HTTPリクエストによる監視
プロセス監視 プロセス死活監視 例)crond, httpd, nginx, mysqld ntpd, chrony, rsyslogd, sendmail, postfix, sshd, vsftpd

 

パッケージプラン

AWSクラウドのサーバ新規導入と監視・保守サポートをセットにしたパッケージプランを提供しております。
パッケージプランの場合は、一般的なWEBサーバ(LAMP構成)の設定を入れた状態のサーバを1台ずつ提供するものとなります。
弊社で設計済みのサーバ構成をお渡ししますので、設計費用が不要となります。

2018年12月改定

内容 ベーシックプラン プレミアムプラン
初期費用(設定手数料) 30,000円
ホスティング月額 22,000円 32,000円
監視 基本監視プラン
※24時間自動復旧プランの場合:+500円
※24時間有人対応プランの場合:+1,000円
インスタンスタイプ(※) t3.small t3.medium
vCPU 2
※Unlimitedモードは無効
メモリ 2 GiB 4 GiB
ディスク容量(データディスク) 50GiB
※ディスクサイズを増やしたい場合はご相談ください
インターネットへのデータ転送量 500GB
OS Amazon Linux 2
WEB Apache / Nginx
データベース MariaDB / PostgreSQL
使用可能言語 PHP7.2、Perl、Python
※その他ご要望があればご相談ください
※バージョンやモジュールについても相談承ります
接続手段 SFTP、SSH
※FTPでの接続はご相談ください
その他 SSL証明書の設置可能
作業を弊社にて代行する場合は別途お見積りとなります

※インスタンスタイプとは、AWSが提供する仮想サーバ(インスタンス)の種別(タイプ)となります。インスタンスタイプによってCPU・メモリの容量が異なります。

オプションサービス

データのバックアップや、ドメイン取得・更新代行、DNSの管理、SSL証明書の取得・管理といった内容をオプションサービスとして提供しております。

オプション 価格 サービス内容
データバックアップ 1,000円~/件
(月額)
仮想サーバのディスクについて、定期的なバックアップ取得を行います。
基本プランでは、50GiBのディスクを1日1回取得し、30世代保管となります。 取得間隔や世代数は、カスタマイズ可能です。
ドメイン取得・更新 価格は
お問合せください
ドメインの新規取得、および更新管理をいたします。
他社で取得されたドメインを弊社に移管していただくことも可能です。
取り扱っているドメイン種別は一覧を参照ください。
DNS管理 5,000円/ゾーン
(月額)
DNSサービスの提供、レコードの管理を代行いたします。
※設定変更は別途手数料をいただいております
SSL証明書 一覧を
参照ください
SSL証明書の新規取得、サーバへの設定、更新作業まで全て一貫して対応しております。

1.取扱いドメイン



キャッチボール・トゥエンティワンは、株式会社日本レジストリサービス(JPRS)のビジネスパートナーです。指定事業者として、ドメイン名登録申請やDNS登録申請などの取り次ぎを行っております。

種類 ドメイン名
gTLD(generic Top Level Domain)
後ろに.jpが無いドメイン
.com / .net / .org / .info / .biz / .mobi / .asia / .tokyo / .yokohama / .nagoya /  .okinawa / .ryukyu / .コム
属性型JP
組織種別ごとの.jpで終わるドメイン
.co.jp / .ne.jp / .gr.jp / .or.jp / .go.jp / .ac.jp / .ad.jp / .ed.jp / .lg.jp
汎用JP
日本に住所があれば登録できるドメイン
※日本語ドメインも可能
〇〇〇.jp
都道府県型JP
※日本語も可能
〇〇〇.<都道府県名>.jp

2.取扱いSSL証明書一覧

JPRS証明書(おススメ)



JPRSサーバー証明書は、株式会社日本レジストリサービス(JPRS)が認証局となって提供するサーバー証明書です。

証明書種別 ご利用プラン ご利用料金
ドメイン認証型(DV) 月額プラン 初期費用 5,000円
月額利用料 2,000円
1年プラン 新規取得/更新料 27,500円
2年プラン 新規取得/更新料 35,000円
ドメイン認証型(DV)ワイルドカード 月額プラン 初期費用 5,000円
月額利用料 5,500円
1年プラン 新規取得/更新料 70,000円
2年プラン 新規取得/更新料 120,000円
組織認証型(OV) 月額プラン 初期費用 5,000円
月額利用料 5,800円
1年プラン 新規取得/更新料 74,000円
2年プラン 新規取得/更新料 128,000円
組織認証型(OV)ワイルドカード 月額プラン 初期費用 5,000円
月額利用料 15,000円
1年プラン 新規取得/更新料 200,000円
2年プラン 新規取得/更新料 355,000円

※上記の価格には、証明書の取得/更新だけでなく、弊社で管理するサーバへのインストール・設定作業も含んでおります。
※ワイルドカードの証明書は、導入対象が3台までの価格です。4台目以降は追加料金が掛かります。詳しくはお問合せください。

その他のSSL証明書

JPRSの証明書以外にも、シマンテック、ジオトラスト、グローバルサインなどの証明書を取り扱っております。
お気軽にご相談ください。




お気軽にお問い合わせください

メールフォームでのお問い合わせ24時間受け付け

お問い合わせ頂いてから2営業日を目処に担当より回答をさせて頂きます。